FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

まぼろぐ

MHFの狩猟記を中心に、偏った趣味の映画・書籍評やらなんやら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

レーシック体験記3 

さて一晩寝ました。

結果は・・・・


おぅ、見えるぞ!なにもかも!!1

視力倍加です。

透眼珠SPを装備しました!

さて、眼が調子良くなったので、昨日の経過をメモしてみましょう。

朝~

家族と一緒に目覚めたので、6時30分起床。
その後、歩いて1分の公式ネカフェに行って、モーニングMH
カリバーンにまた一歩近づいたよ^^

私は花粉症がほんの少しだけ出ているので(眼がざらつくような違和感が少し出る。かゆみや鼻関連は全く無し)手術に影響すると嫌だなと思っていたけど、調子は良かったので安心する。

昼~

夕方の手術に備えて、のんびり出発。
何もしないときは眼鏡をかけない主義だが、行き交う人の顔もほとんど見えていない状態でがっかり。
やはりどうにかしないと。

直前~

病院には10分くらい前に到着。
ここの病院は、とにかくテンポが速い。
普通の病院では、受付してから20分くらいは待合室でほっとかれるのがデフォだと思うけど、ここは5分もしないうちに名前を呼ばれる。いちいち挨拶をしてきたり敬語も徹底していて、かえってキモチワルイくらいw
普通の医者と、サービス業的な美容外科のスタンスの違いなんだろうけど。

最初に先日の検査と状態が変わっていないかチェック。
調子は悪くないので1発パス。
すると、次は会計をするように指示。

手術してからお金ありません、じゃ済まされないからなんだろうけど、やはりキモチワルイねw
保険があれば医者も請求どころがあるんだけど、保険効かないからねぇ・・・

手術~

いよいよ手術です。
いくつかの説明の後、荷物やアクセサリーを外すよう指示されて、手術待合いへ。
髪の毛を包む紙帽子をかぶる以外は特にそれっぽい格好はしません。
名前が呼ばれると、眼に麻酔を点眼してもらいます。

私の受ける手術は簡単にいうと、眼の表面を薄く切って蓋をつくりそれをめくって、中にレーザーを照射して調整し、また、その蓋を閉めるという手術。

その最初の表面切りの手術。
手術室に入ると寝椅子に横たわるように指示。
やがて頭上に大きな機械が覆い被さってきて、眼のところに円筒状?の部品が降りてきます。
切るといっても、レーザーなのでとくに感覚は無いです。
余談ですが、起動音がアニメのレーザー発射音に似てるので、あーホントにこんな音すんだな・・・みたいなこと考えてたら終わりました。
術後は部屋を移動するのですが、眼を開けるのが怖いので薄眼を開けて歩きます。看護婦さんが1人付き添って「はい、右です。はい左です。」等指示してくれるので安心はします。

次の工程を待っているときが一番不安かもね。手術は始まっているのに、眼が良くなっているわけでもないので、ここでなにかアクシデントで終わってしまったら、どうにもならないからね・・・

が、特に問題もなく、10分くらいで次の工程へ。

さきほどと同じような寝椅子、機械ですが、今回は眼を固定する器具を付けます。
まぶたを全開の状態で固定するから、やや痛みがあるし、これが一番圧迫感のある工程ですね。

続いて、眼の薄膜の蓋を捲り上げる作業をお医者さんがします。
針のような器具で捲るので、先端恐怖症の人にはお勧めできないw
麻酔が効いているので痛みはないけど、視界の針のような器具が動いて、眼を動かしていないのに
視界が上に文字通りぺろんと上がる一瞬はとてもシュールな感覚です。
その後は、まったく見えなくなります。
レーザーは見えない中で必死に耐える形にはなりますが、お医者さんの「はい、順調ですよー」って声はもちろん、看護婦さんが「あと5秒!」等カウントしてくれるので気持ち的には楽ですね。
小手のようなもので捲った蓋を馴らす作業も先端恐怖症にはお勧めできないかなw

終わってしまえば、こんなもんか・・・って感じですね。

終わった後は、ほんの少し休んで検査をすると放免です。
薄ぼんやりとした中で、明らかに眼が良くなっていることに喜びつつも、一番キツイのはその後の生活ですね。

電車は迷わずグリーン車を選びました。
1時間くらいで麻酔も切れるので、鈍痛が襲ってきますが、寝てもいけないので(眼が乾燥する)、薄目を開けてひたすら耐えます。

1時間おきに目薬投下。
目蓋固定器具の影響らしいのですが、目蓋が重くて眼を開けてられないのでしんどいです。
そんな中でも薄目を開けて、クエに参加した私は真のカプ畜です。ほんとうにありが(ry

寝てはいけない時間帯を無事経過したので、顔に眼を擦らないためのカバーを装着して寝ました。
疲れていたのでぐっすりです。

そして翌朝、↑に戻る。

恐ろしいくらい良く見えます。あんなことしただけで見えるようになるなんて、現代医学万歳です。

長々と書いてきましたが、何が言いたいかというと、

ストレイツォの気持ちが良くわかる

ってことなんだ。

では術後検査に行ってきます。

Posted on 2009/02/19 Thu. 12:47 [edit]

改造手術  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mavo64.blog90.fc2.com/tb.php/53-ec97e488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

PS3

X-box360

カテゴリ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。