FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

まぼろぐ

MHFの狩猟記を中心に、偏った趣味の映画・書籍評やらなんやら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

肌に刻まれた詩 

肌に刻まれた詩〈上〉 (扶桑社ミステリー)肌に刻まれた詩〈上〉 (扶桑社ミステリー)
(2008/10)
ロバート ウォーカー

商品詳細を見る


女検視官ジェシカ・コランシリーズ新刊。

このシリーズを一言で言うならば、女検死官VSトンデモ殺人鬼、とでも言おうか・・・w
すでに8巻目なのですから人気はあるんだと思いますが。

1作目・・医療器具を使って生きたまま血を抜いて殺す殺人鬼
2作目・・エルム街のフレディよろしく、かぎ爪を付けて惨殺する殺人鬼
3作目・・ハワイを舞台に太古の神に導かれる原始的殺人鬼
4作目・・心臓をくりぬきトランプのハートを代わりに入れる殺人鬼&1作目殺人鬼再戦
5作目・・ヨットに綱を付けた先に被害女性をくくりつけて、海を引きずり回して殺す殺人鬼
6作目・・生きたまま被害者に火を付けて断末魔の声をジェシカに電話で聞かせる殺人鬼
7作目・・ロンドンを舞台に、キリスト同様、十字架にかけて殺す殺人教団
8作目・・本作。被害者の背中一面に毒入りインクで詩を書いて殺す殺人鬼

とまぁ変な敵ばかりです。
このシリーズの良い点は、ある意味漫画チックで派手な殺しと、ジェシカの仲間のFBI心霊捜査官(要はサイコメトラーEIJIです)など特異なキャラで盛り上げる映画的な展開です。

悪い点は、1つにジェシカは検死官なのにやたらと全面に出て、勇敢というよりは無謀。優秀な者は迂闊という言葉とは本来無縁なんだけどね。
また、ジェシカの恋愛遍歴も作者の描きたいところなのかもしれないけど、正直辟易するほど。
対する殺人鬼たちのメンタルな面も竹で割ったような「異常」で、似たり寄ったり。
そして作者の思想が、時々必要以上に出張ってくるのが気になるetc・・・

なんか褒め言葉が少ないな・・・><

ただ、今回の作品は従来よりも真犯人を伏せることに気を使っていて好感を持てます。
最後の駆け足展開はちょっと消化不良でしたが、まぁよしとしましょう。

Posted on 2008/12/28 Sun. 23:59 [edit]

書評  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mavo64.blog90.fc2.com/tb.php/35-e91a241f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

PS3

X-box360

カテゴリ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。