04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

まぼろぐ

MHFの狩猟記を中心に、偏った趣味の映画・書籍評やらなんやら。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

ドロねこ9 

ドロねこ9 (1) (バーズコミックス)ドロねこ9 (1) (バーズコミックス)
(2009/03/24)
奥瀬 サキ

商品詳細を見る


ひさしぶりのような気がするね。
この作家さんの作品。

いや、デビューの頃から読んでいたので嬉しいんですけどね^^

「コックリさんが通る」でスタイルの完成を見たかと思ったのですが、その後は原作者みたいになっちゃってましたね。(「夜刀の神つかい」も好きだったよ。菊璃を変なところで殺したのと、前園のキャラがイマイチ使い切れてなかったことで物語が散漫になった気がするけどね)

コックリさんと同じ「蟲りもの」をテーマにしてるようですので、今後を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2009/04/03 Fri. 22:06 [edit]

漫画  /  TB: 0  /  CM: 0

少女ファイト 

少女ファイト 1 (1) (イブニングKCDX)少女ファイト 1 (1) (イブニングKCDX)
(2006/07/21)
日本橋 ヨヲコ

商品詳細を見る


私は基本コミックス派なので、連載誌は買わずに単行本になってから読むのです。
作者の意図は、続けて読まないとわからないor面白くないこともあるので。
バトルシーンが何週も続くタイプの漫画も同様。
(だから蔵書が増えすぎるのね><)

この作品が連載されている「イブニング」は、もやしもんを立ち読みでさらっと確認する程度でしたので、作品の存在を知っていても、読んではいませんでした。
最近、本屋でコミックスを見かけて買ってみたところ、久しぶりにグッときました。既刊4巻一気買いです。


内容は女子バレーもの。
主人公は、小学生のときは全国レベルの選手でありながら、今はなぜか仲間と触れあおうとせず、実力をひた隠しにする中学生、練(ねり)。
そこにはあるトラウマが隠されていた。
そんな練をトラブルが襲い、彼女は名門女子バレー部を追われることになるが、一癖も二癖もある仲間との出会いを通して、閉ざしていた心を開き、春高バレーに向けて始動する・・・ってな話。

改めて検索してみると、かなりの高評価に納得。
「王道すぎる」とみる向きもあるけど、「王道」いいじゃない^^

家庭の事情や悩みを1つ1つ乗り越えていく主人公やその仲間たちの心の動きの表現がいいですね。絵的にも太線を多用しながらも繊細な表情と、大胆な構図を取り入れたコマ構成にはグイグイと引き込まれます。

そして気付く。
心の中の甘やかな痛み。
登場人物たちのそれぞれが持つ悩みや家庭の事情・・・あれ?

今、私に家庭の事情って無いじゃん!家庭の事情それはすなわち私の事情!

この痛みは、いつの間にか、そういったことから悩み抗う立場から、与える立場になってしまった私に対する過去の記憶達からの呼び声なのかもしれないね。


追伸。
スポーツ青春ものの巨匠といえばあだち充先生ですが、私の一番ハマった作品は「ナイン」ですから^^タッチでもH2でもありません。

Posted on 2008/10/29 Wed. 12:25 [edit]

漫画  /  TB: 0  /  CM: 4

FC2カウンター

PS3

X-box360

カテゴリ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。